環境にやさしい太陽光発電

img-1

太陽光発電とは、太陽光を電気に変換する発電方法です。
集めた太陽光を電気に変換してできた再生可能なエネルギーを太陽光エネルギーといいます。



太陽光エネルギーはソーラーエネルギーとも呼ばれ、石油、ウラン、天然ガスなどの地下資源を原料としたエネルギーを補う自然エネルギーとして注目されています。



環境問題や資源の枯渇、地球温暖化が問題視されている中、太陽光エネルギーは環境負荷が少ない自然エネルギーとして普及が進んでいます。



太陽光発電に必要な太陽光は太陽電池を設置することにより集めることができ、住宅用太陽光発電システムの普及が進んでいます。



地域によっては、ソーラーパネルを設置するための補助金や助成金がもらえる場合があり、工事着工前の申請が必要です。



家屋の屋根にソーラーパネルを設置することで、光熱費の大幅な削減が期待出来ます。



オール電化住宅にソーラーパネルを設置することによって家庭で使用する電力の全てをまかない、余ったエネルギーを電力会社に売ることも可能です。
ソーラーパネルには断熱効果もあるので、夏は涼しく冬は暖かく過ごすことができ、さらなる光熱費の削減につながります。



また、台風などの自然災害によって電気の供給がストップしても、専用のコンセントにつなぐことで発電している電気を使用することができるので大変便利です。



携帯電話の充電をしたりテレビやラジオを聴くこともできるので、情報や連絡手段を失い慌てることがなく安心です。

関連リンク

img-2
今から振り返る太陽光発電

我が家の屋根に太陽光パネルを設置して、発電を初めて丸2年が経過しました。当時はまだ、電力会社も電気料金の値上げをせずに頑張っていると思っており、また、原発事故の為、全国の原発が止まっているので節電の為と火力発電による環境への負荷を少しでも軽減でき、尚且つ売電による収入を得ることで、それらを少しでも改善できればと思っていました。...

more
img-2
環境にやさしい太陽光発電

太陽光発電とは、太陽光を電気に変換する発電方法です。集めた太陽光を電気に変換してできた再生可能なエネルギーを太陽光エネルギーといいます。...

more
top